日々発したおやじギャグを記録してみます。 おやじが、脳のリハビリをやっていると思って暖かく見守って下さい。(一般の方にはちょっと寒いかも知れません)
ピアノリサイタル
今日の仕事はピアノリサイタルでした。 
助手さんにも一部仕事をまかせるため、リハーサルの時にちょっとアドバイスをしました。
ピアニストの手元を撮るのにメーカー名のKawaiを意識していたのでアドバイスしました。

僕  『 カワイの文字は、かわいくない。いらないょ。 』

助手さんが緊張している時に意表をついたせいか、評価の厳しい助手さん「ぷっ」と笑いそうになりました。

駄洒落も、意表を突いたり、言い方によってだいぶ評価はかわりますね。

     ※※※※※※※※※※※※※※※※

いろんな現場で時々顔をあわせるスチルカメラマンが来ていました。

スチルカメラマンE氏 「 記念写真を撮ったら、本番中は2・3カットづつ撮るだけですよ。あとは睡魔とのたたかいです。 」

僕  『 じゃ、スイマセン(睡魔せん)ですね。 』

E氏 「あ、もう帰ろうかな~ お疲れさ~ん。 」


E氏は本番中、睡魔とたたかっているのか文庫本を読んでいました。

     ※※※※※※※※※※※※※※※※

ちょっと知合いの、○○東(とう)という長い苗字の人が、小学生らしい男の子と来ていました。 仕事ではないようです。

帰りに僕のところへ来たので言いました。

僕  『 今日は○○東さんじゃなくて、 ただ トウ(父/東)さんですね。 』

○○東さん 「そう、ただ父さんです。 」

ちょっと、すべったような感じがします。

スポンサーサイト